女性専用カードローンはこちら!

カードローンの審査に欠かせない在籍確認の切り抜け方

カードローンの審査で最も重要となっているのが、職場への在籍確認です。

カードローンの申し込みでは、勤務先や勤務先の規模、勤続年数などを申告するようになっていますが、本当にその職場で働いているかを確認するために、金融会社の担当者が電話を架けて確認するのが一般的です。

もちろん申込者のプライバシーに配慮をして、金融会社名は名乗らず、「○○と申しますが、××さん(申込者の名前)はいらっしゃいますか」というように、個人名で架けてきます。在籍確認の電話には、必ずしも本人が出る必要はありません。(本人が出ないからといって、何度も電話を架けてくることはありません。)外出などで不在の場合は、不在だけれども働いていることは間違いない、と確認が取れれば、在籍確認は完了します。

とはいえ、滅多に電話が架かってこない部署にいるので、周囲の人に怪しまれたら困る、という人もいるかと思います。

そんな時によく使われるのが、「クレジットカードに申し込んだので、確認の電話がかかってくる」と前もって周囲の人に伝えておく方法です。この方法なら、電話があっても不審に思われることはありません。

また、金融会社によっては、職場から発行されている保険証や、直近の給与明細などを提出することで、在籍確認の代わりと認めてくれるところもあります。職場への電話は避けたいという人は、申込み前にコールセンターに問い合わせてみるとよいでしょう。

関連記事

クレジットカードでキャッシング!

未分類

私は伊丹市在住で従業員80人ほどのリラクゼーションサロンに勤務しています。 妻と3歳の娘と暮らしており、住居は賃貸マンションです。 先日友人の結婚式に私だけ招待されていたのですが、式の1週間前まですっかり忘れてしまっており、ご祝儀を準備するのにキャッシングサービスを利用しました。...記事を読む

カードで高額なローンを組むならば年に一回位にしないと心臓に悪い。

未分類

毎日暮らしていくうえでどうしても必要になってしまう物があるときは現金で購入せずにカードローンで購入することのほうが多いですが値段にもよりますが手持ちの現金を減らさないために高額な買い物をカードローンを組んで購入することは頻繁に買い物をすると引き落としの時のショックが大きく一般人が高額なカード...記事を読む

困った時の味方となる手軽なクレジットカードのキャッシング

未分類

私は現在30代のサラリーマン男性です。外勤営業職として勤務していると、飲みの付き合いは避けては通れません。しかし、結婚して家族がいると給料を好きに使えるわけはなく、お小遣いでやりくりする必要がでてきます。基本的には毎月のお小遣いでやりくりできるように調整するのですが、忘年会シーズンなどは付き...記事を読む

このページの先頭へ