毎日暮らしていくうえでどうしても必要になってしまう物があるときは現金で購入せずにカードローンで購入することのほうが多いですが値段にもよりますが手持ちの現金を減らさないために高額な買い物をカードローンを組んで購入することは頻繁に買い物をすると引き落としの時のショックが大きく一般人が高額なカードローンを組むのは年に一回位が限度だと思いました。

数年前に急に毎日使用しているソファーが壊れてしまい家族は絶対にソファーは必要というので10万円ほどのソファーをカードローンで購入しましたがその後すぐにリビングのテーブルの足が壊れてしまいソファーを買ってすぐでしたがネットで4万円ほどのテーブルをカードで購入しました。家電などはよく同じ時期に壊れると言いますが正にその時期だったのかブルーレイが故障したりドライヤーが動かなくなったりと一か月のうちに今までに使ったことがないくらいカードでたくさんの買い物をしたら大体の金額はわかってはいましたが支払い明細が届いた時に今までに見たことがないような支払の総合計の金額が記載されておりびっくりして思わず二度見してしまいました。我が家には必要な物ばかりだったので仕方がないことですがあまりに高額な支払い明細が届くと大体の金額がわかっていながらもかなり驚いてしまい心臓がびっくりしてしまったので金額が大きいカードローンは年に一回位でないと心臓に悪く体調が悪くなってしまうと思ったのでそれ以来、カードローンの組み方にも注意するようになりました。