カードローンの審査で最も重要となっているのが、職場への在籍確認です。

カードローンの申し込みでは、勤務先や勤務先の規模、勤続年数などを申告するようになっていますが、本当にその職場で働いているかを確認するために、金融会社の担当者が電話を架けて確認するのが一般的です。

もちろん申込者のプライバシーに配慮をして、金融会社名は名乗らず、「○○と申しますが、××さん(申込者の名前)はいらっしゃいますか」というように、個人名で架けてきます。在籍確認の電話には、必ずしも本人が出る必要はありません。(本人が出ないからといって、何度も電話を架けてくることはありません。)外出などで不在の場合は、不在だけれども働いていることは間違いない、と確認が取れれば、在籍確認は完了します。

とはいえ、滅多に電話が架かってこない部署にいるので、周囲の人に怪しまれたら困る、という人もいるかと思います。

そんな時によく使われるのが、「クレジットカードに申し込んだので、確認の電話がかかってくる」と前もって周囲の人に伝えておく方法です。この方法なら、電話があっても不審に思われることはありません。

また、金融会社によっては、職場から発行されている保険証や、直近の給与明細などを提出することで、在籍確認の代わりと認めてくれるところもあります。職場への電話は避けたいという人は、申込み前にコールセンターに問い合わせてみるとよいでしょう。